スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poppin'Party 武道館ライブ感想

ありがとう!!!!!!!!!



BanG Dream! 4th LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館

には今までのPoppin'Partyの全てが余すことなく詰め込まれていました!



始まりの曲は「ときめきエキスペリエンス!」。
アニメのOPの曲にもなったように最近の彼女たちを象徴するような曲からのスタートでした。

そこからの
ポピパカップリング曲メドレー!
「夏空 SUN! SUN! SEVEN!」

「HEADS UP! CLAP YOUR HANDS! NANANANANANANA!」!

「ぽっぴん’しゃっふる」

ポッピン!ホッピン!

「1000回潤んだ空」は
だんだんと盛り上がってくる感じがよかったですね。

どれもメドレー仕様のショートバージョンでしたが、フルで聞けないのがもったいない!
という気持ちと
おお!こんなに曲を飛ばして何をしてくれるんだろう!
という両方の気持ちが混ざり合ってました。



いい意味で期待を裏切ってくれました。



アニメ時系列を再現してくれました。



具体的には。。。



きらきら星!!!!!!!!


やりやがりました。
各方面でも話題を呼んだ(マイルドな言い方)
アニメ3話のきらきら星を再現したのです!

最初は香澄一人で
次に有咲がカスタネットを持って引き込まれ
りみりんが勇気を出してステージに飛び込み
最後に~はじまりのステージVer.~になる

まさかアニメの流れがそのまま見れるなんて!

そして次は、くらイブ!

私の心はチョココロネフルで!演奏してくれました!

アニメのライブに参加したおばあちゃんの気持ちがわかりました(笑)
チョココロネステップもかわいかったです。
フルの音源も首を長くして待っております。


そしてこの流れの最後はもちろん
STAR BEAT!~ホシノコドウ~ 

ポピパの代表曲に、新しく沙綾が加わった物語がアニメで追加されました!
新しい価値を持ったこの曲、ホシノコドウが聞こえた気がしました。

こういう試みはアニメを見ていた人間には嬉しいですね。


ここで出演者が捌けてVTR
大橋さん(以下へごちん)と大塚さん(以下さえチ)が
ガチでガルパに挑戦していました。

さえチは前回のイベント曲、「夏のドーン」をフルコンボ、
へごちんは「ティアドロップス」のプレイ最中に
残り電池残量が20%になりました
でミス。電池残量には気をつけましょう(あるある)

最後に二人で協力ライブ、「光るなら」を選択。。。。


選択した瞬間、リアルステージで
「光るなら」が演奏され始めました。

毎度おなじみのカバーコーナーですが、光るならは楽しい曲ですね。


そこからのキャラソンメドレー
おたえの花園電気ギター!!!
りみりんのチョコレイトの低音レシピ
沙綾の遠い音楽~ハートビート~
有咲のす、好きなんかじゃない!
香澄のどきどきSING OUT!

をそれぞれショートバージョンで披露。
キャラソンは初披露でした。

次も恒例アコースティックコーナー
1曲目は「走り始めたばかりのキミに」
この曲はメンバーごとの歌い分けがある曲なので、アコースティックにすることで
よりはっきりと一人ひとりの声を感じることができました。
歌詞自体も沁みてくるなので、もう…という感じでした。

2曲目は「Yes! BanG_Dream!」
ポピパのファーストシングルはアコースティックで登場。
いつもの打ち抜くポーズもしっかりとやっていましたよ。

ポッピンラジオの出張版が間に入り、ここで、謎に包まれていた新シングルの3曲目、
「Time Lapse」(タイムラプス)
を初披露!!

演奏前にコールの練習、
オーオーオオ、オーオーオオ、オーオーオオーオオオ(伝わらない)
これを拳を掲げながらやってくださいとのこと。

演奏を聞くとこれまでポピパにはなかった
シャウトの似合う曲になっていました。
練習したコールがピッタリとはまり、
何度もライブで演奏するであろうし
何度でもライブで聞きたい曲に仕上がっていました。

しっかり聞き込んで臨める次のライブが今から楽しみになります(笑)

ここからラスト2曲、まずは、
「前へススメ!」

聞きたかった聞けて良かった。
アニメで香澄が声を失い、そして、取り戻した曲。
香澄一人ではなく、5人が集まってこその『Poppin'Party』。
それを再認識できる曲ですよね。
沙綾の「過去のすべてにとらわれた日々 一人悩むのはやめよう」
有咲の「やっと見つけた大切なもの 今日も会えるかな」

アニメを見ているとグッときてしまうのがこのあたりの歌詞です。
家族や前のバンドのことを一人抱え込んでいた沙綾
ずっとひとりぼっちで過ごしてきた有咲

このバンドを組んだから私は変われたんだと歌っています。
それをメッセージとして届けています。

「右見て 前見て 左見て 目と目を合わせ確かめた
”わたしは一人じゃない”こと」

彼女たちが一歩ずつ前に進んだ結果が、このライブにつながっているんだと思います。


ラストは「夢見るSunflower」

アニメでは危機を乗り越えた先のライブで披露していたこの曲。
初期のころの曲とは違った「楽しい」が聞こえてくる気がしました。



アンコールが始まってすぐに
りみりんのバンドリ聖地巡礼のVTRが流れました。
お茶の水や早稲田、花園神社など
ゆかりの地を巡っていました。


アンコール1曲目は、先日のOVA劇中歌「八月のif」
劇中と同じようにドラムは無しの打ち込みで
香澄と沙綾のダブルボーカルでした。

ハモリが気持ちいいの何のって。
夏が終わり始めた今の時期にぴったりの曲ですね。


ラストの前に演者さんから一言ずつ挨拶が。
細かくは覚えていなく、ニュアンスが変わってしまうのが怖いので僕の感想を書くと、
ガールズバンドとしてはメジャーデビューしてから史上最速で武道館にたどり着いた彼女たちですが、
彼女たちには他のアニメ作品内ユニットとは違い、長い下積み期間があったこと。
少しだけ噂には聞いていましたが、これほどきちんとした「下積み」だったことは
最近聞き始めたばかりの僕は知らないことでした。
今回は4thライブでしたが、4thライブはこれで2度目、
メジャーデビュー以前にも行ったことがあると話していました。

彼女たちの心からの涙を見て、このバンドを少しでも支えたい。そう思いました。
ひょんなことから知った彼女たち、今バンドリがこんなにも人気なのは、
彼女たちが一つ一つ積み上げてきたからです。
その積み上げてきたもの、今ある「おいしい部分」を勝手に食べる新参ではなく、
一緒に支える仲間になりたいと思いました。



最後の曲は「キラキラだとか夢だとか~Sing Girls~」

この曲を最後に持ってくるあたり、アニメが彼女たちの境遇を大きく変えたことがわかります。
僕も我を忘れてひたすらこの曲を楽しみました。



これにてライブは終了。

『Poppin'Party』の今日までを知れたライブ、
明日からもずっと彼女たちと歩んでいきたい、そう感じました。

^AAB65A9CF17C68FE23F009257B4B07A252767364E899AD4EF8^pimgpsh_fullsize_distr


今回はライブビューイングでの参加でしたが、次回のワンマンこそは生で見ます!絶対!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べたー

Author:べたー
ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではネタバレの内容を含む場合がございます。
あらかじめご了承ください。

日常のことなどは
twitter:@better121
にてつぶやいています。

過去の丸戸作品を少しずつプレイ中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。