スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたわれるもの~二人の白皇~ 感想


「うたわれるもの~二人の白皇~」プレイ終わりました。
いや~最高でしたねぇ。Twitterだとネタバレはつぶやきにくいので簡単ですが感想書いてきます。
(うたわれるものはアニメのみ、偽りの仮面はアニメとゲーム見てます)


ネタバレあり!




前作、偽りの仮面の終わり方があのようなものだったので、物語は最初、暗めに展開していきました。
ハクがヴライとの戦闘で命を落としたオシュトルの代わりになったので仕方のないことですが、
「陽だまりのような存在」と形容されていた人間が一人消えてしまうだけでこんなにも雰囲気が変わってしまった驚きと同時に
偽りの仮面の白楼閣に居たころに戻りたい、という思いを強く強く感じました。

偽りの仮面のゲームをプレイされた方なら知ってると思いますが、あの物語、半分ぐらい酒飲んだり宴してるんですよね。
宴ラッシュの時は「あ~あ、また始まったよ」とか「いつ物語進むねん」とか思うんですけど、
いざ戦闘とか始まると「宴シーンまだかなあ」と、どこか期待してしまうんですよね。

酒飲んだり宴したりする場面を多くとったことにより、いつの間にかそういう空間が「帰るべき場所だ」と感じました。
端的に言えば恋しくなるんですよね。
だってあの時間、楽しかったんですもん。
「もう、しょうがないなあ」ってハクを見守ってる瞬間が。

本当のオシュトルが死んで、ハクも死んだことになって、この雰囲気に戻るのは無理なのかなあと考えつつも、
心のどこかで戻ることを期待せずにはいられない心境で物語を読み進めていきました。


各ヒロインとも見せ場がありましたが、アトゥイの物語のCGが綺麗で印象に残ってます。
このヒロインたちのルートでオシュトルが実はハクなことがうっすらバレていくと、
なんとなく陽だまりが戻ってきた感じがして、一人でニヤニヤしてました 笑

マロロとの別れのシーンは泣きましたね。とても救われない思いでいっぱいでした。
あの世ではハクとマロがベタベタしてたらいいな。

そんなこんなで物語を進めていったのですが、終わると見せかけてなっかなか終わりませんでしたよねw
前作が確か30時間程度だったので、今作もライコウ倒してそのあと軽く裏ボス倒したら30時間ぐらいだな~って邪推していたのですが全くそんなことはなかったですねw

終盤は怒涛の展開とSuaraさんの歌声に涙腺が刺激されてしゃあなかったです。
やっぱりうたわれにはSuaraさんですね。


ざっとこんなもんですかね、とりあえず。
思いついたまま書くのもたまにはいいでしょ(いつもだろとか言わない)

深く詰めていったらまだまだ書きたいことはあるんですけど今回は別にまとめたいわけじゃないですからね。
適当なことしか書いてませんがストーリー、演技、音楽どれも高レベルで楽しめました。
しばらくしたら2週目いこうかな・・・

ではでは、こんなところで。


P.S. 

エピローグのアンジュとミカヅチ、ムネチカのシーンで爆笑しました。
前作に続きアクターズボイスの久野ちゃんのボイスで心配になったのは僕だけでしょうか。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。