スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trident THE LAST LIVE Thank you for your “BLUE” 感じたことをひたすら書いてく


終わってから2日経ち、徐々にTridentロスになってきたべたーです。

イベントの詳細は他の人が書いているし俺も書く気もなくて、、
彼女たちのライブに初めて触れた感想をひたすら書いていきます。

ライブで聞くとより実感したことがあって、まずは歌詞とアルペジオと彼女たちTridentのリンクのしかた。
メロディラインが好きで今まで曲を聴いてきた僕なのですが、Tridentの3人が丁寧に歌い上げることによって、
アルペジオの作中の場面を思い出すということがライブ中に何度も起こりました。
彼女たちが歌詞を大切にしているのが伝わってきて、ただでさえ好きな曲への愛情が2段3段深まった気がしました。

2つ目、Tridentの3人のキャラクターたちへの愛。
渕上さんの「私はイオナじゃないからイオナの気持ちで書けないけど書いてみたらイオナの気持ちになってた」
沼倉さんや山村さんの「2人だけのステージ」
ソロコーナーで言っていたこと。キャラクターと声優さん自身という線引きってとても難しいような気がしますが、
彼女たちは渕上舞、沼倉愛美、山村響という自分自身でこのライブに向かってきた感じを受けました。
それでも、キャラクターへの愛を忘れずに、というかキャラクターへの愛を隠すつもりもなく全面にさらけ出していました。
そのことを拒まずに受け入れたスタッフも勇気のある決断をしたと思いますし、それをスタッフや観客に認めさせるようなパフォーマンスをした彼女たちの努力が伝わってきました。

3つ目、Blue Steelsの存在。
Tridentの曲の間から出てきたBlue Steelsの曲には魂を揺さぶられました。
最初の映像で引き立て役だとか散々いじられてましたが、
そのパフォーマンスと会場の雰囲気はそれはそれはすごいことになっていて。
エガオマニア、いい曲ですね。
Get up! Start up! Look up! ぐんぐんぐんぐぞう!
この大合唱よ。
聞かせる曲が多いTridentのライブの中でBlue Steelsはいい清涼剤になっていたと思います(汗でびっしょびしょだけど)

最後、バラバラなのに一つなTrident。
これが初めて彼女たちのライブに行って一番驚いたんですが、3人ともバラッバラなんですね。
考えてることも違えばそれぞれが醸し出している雰囲気だって違う。
よく「一緒に活動してるから似てきちゃった」なんて聞きますがそんなことは全くなくて本当にバラバラで。
だけどその個性が絶妙にマッチしているのがTridentなんですね。

お互いに対する信頼感というのも見えて
MCのときに言っていた言葉も
最後の3人で集まって頭をくっつけあいながら浮かべていた涙も
嘘じゃないって、
本心なんだってわかりました。

興津さんのブログに載っていた写真を見て改めて思いましたが、
ステージのTridentの3人がほんとにいい表情をしていて、彼女たちが輝いていて
泣きそうになりました。

渕上さんが言っていた「Tridentの解散には反対だった。だって解散しちゃったら私の居場所がなくなっちゃうから」という言葉。
それでも、ちゃんと考えて終わりを選んだ彼女たちの決断をファンも理解して、「解散しないでー!」という怒号ではなくて、拍手と「ありがとう!」という言葉に会場が包まれていました。
「ちゃんと終わりを迎えられる幸せ」。ゴールが見えていたからこそ、こんな素晴らしいライブになったのかなって思います。


ありがとう、Trident。
俺はあなたたちの最後の雄姿をずっとずっと覚えていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べたー

Author:べたー
ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではネタバレの内容を含む場合がございます。
あらかじめご了承ください。

日常のことなどは
twitter:@better121
にてつぶやいています。

過去の丸戸作品を少しずつプレイ中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。