県民()の戯言~清水エスパルス降格に際して~


前回アルペジオの記事では多数の閲覧ありがとうございました。今までの最大アクセス数を大きく更新しててビビりました。
映画公開当日に記事を書いたのが要因なんでしょうね(^^;;
Cadenzaは他の方の感想を見たくなる作品でしたね。

話はかわりまして、先日、清水エスパルスのJ2降格が決定してしまいました。
今は名古屋に住んでいますが、2年前までは静岡に住んでいて籍も静岡にある私。一言でいって残念です。
今シーズンはそんなにエスパルスの試合を見れてはいないのですが思ったことをつらつらと書いていきます。


残留する気あったんですか、フロントさん

エスパルスは今オフでピーター・ウタカとミッチェル・デュークの二人を補強しました。今オフでの補強はこの二人だけといって良く(レンタルバック組が多かったため)、特にウタカはナイジェリア代表歴もある選手です(昔ウイイレでマルティンス使いたいがためにナイジェリア選ぶと居た記憶ある)。
この二人は単純に移籍したノバコヴィッチ(現名古屋)、高木俊幸(現浦和)の穴埋めですよね。

つまり、実質的な補強はなし!

去年ギリギリで残留したチームなのにこの補強とは…
フロントがJ2に落ちるわけないとたかをくぐっていたんでしょうね。一度もJ2に落ちてないという驕りでしょうね。
焦って8月の移籍期限間近に鄭大世と角田誠を補強しましたが時すでに遅し。


色の見えない監督交代

2014年途中でゴトビ監督が解任され、大榎監督が就任しました。(ベテランを排除したゴトビ監督いろいろといいたいことが…)
基本的には継続路線で人とボールが動くパスサッカーをしたい。ただサイドだけでなく中央からも崩せるようにしたい。
これが大榎監督の方針であり理想だったのですが、現実はそんなに甘くなかった。
なんせ優秀なパスの出し手がいないんだもの。サイドなら個の力でも崩せるけど中央なんて崩せるわけがない。
2015年ではさらに高木の移籍により片翼を失いました。

正直、今シーズンの試合は何がしたいのかが全く見えてきませんでした。まあ、昨オフの時点で今シーズンキャプテンの本田拓也にこのチームはどこに向かっているのか?とフロントに尋ねるほどでしたから、当然といえば当然なのかもしれませんが。

今シーズン途中で大榎監督に代わり田坂監督が就任しましたが、結局チームとしての方向性が見えませんでした。


再出発

J2に落ちてしまった清水エスパルス。J2から抜け出すことは容易ではありません。同じ静岡のクラブで強豪と言われたジュビロ磐田が1年で上がってこれなかったことから見ても明らかです。というかこの状況のままでは無理でしょう。
サッカー王国というなけなしのプライドは捨て、明確なチームの方向性を表し行動するところから始めて欲しいです。

以上、戯言でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べたー

Author:べたー
ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではネタバレの内容を含む場合がございます。
あらかじめご了承ください。

日常のことなどは
twitter:@better121
にてつぶやいています。

過去の丸戸作品を少しずつプレイ中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR