スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-ARS NOVA-Cadenza 感想


10月3日から公開になりました「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-ARS NOVA-Cadenza」の名古屋での舞台挨拶に行ってきました。

まずは映画の感想から。
今回の作品は言ってみれば劇場版の後半に当たる作品で前編とは違い全編オリジナルの内容でした。

テレビ版でもそうでしたが、この劇場版でも兵器であり命令(アドミラリティコード)を遂行するだけの存在であった彼女たちが自分の中にある自我に戸惑い、苦心する姿が描かれていました。

しかも、今回は命令を出す側であった総指揮艦のヤマトとムサシにスポットが当てられていました。
ショウゾウという変化を受け入れたものの、人間たちの裏切りを目の前で見せられて、特にムサシは心を閉ざしてしまいました。本来の艦の生き方ならばこんな苦しみを味わうことはないですからね。

それでもショウゾウの虚像を精製していたところを見ると一度芽生えてしまった自我は完全には消せなかったのでしょう。そういう心を開いていないシーンはムサシの目が閉じられていましたよね。周りの景色に惑わされないように。

この綴じられたムサシの心をこじ開けるには一番近いところにいた「シマイ」であるヤマト、つまりそのバックアップであるイオナにしかできなかったわけで。


イオナがヤマトになる、自分が自分でなくなるというのは怖いことですよね。大好きな人たちを忘れてしまうかもしれないから。コンゴウが言った「心の中で生きる」。私たちは覚えているよ、という明確な意思表示で、イオナも少しは安心できたのかなと。

永遠と思った日々も今は…



さてさて、ここからは名古屋での舞台挨拶について。名古屋には沼倉愛美さん、藤田咲さん、福原綾香さん、佐藤聡美さんが登壇されました。
ぬーさんはトライデントの衣装に身を包み、タカオモデルのメガネをお掛けになってました。藤田さん、福原さん、佐藤さんはそれぞれキャラをモチーフにした服装をしてらしてましたね。

まず、みんなどこから来たのー?というおなじみの質問。名古屋の人が半分もいないというのが驚きでした。北海道から来た人もいたそうな…これはチケット入手厳しいわけだわ(笑)

トライデントは不仲でない!不仲営業だ!というぬーさんの弁明や台本が二冊に分けられて分厚かったというぼやき、なぜミョウコウとナチのコンビが最強だったのにナチとアシガラを組ませてしまったのか?(子守り説が濃厚)など様々なトークを聴くことができました。

全員で「霧の風紀は地球の風紀」と生徒会の終わりの挨拶もやれて楽しかったです。
キャストの皆様、名古屋に足を運んでいただきありがとうございました!

入場者特典はコンゴウとヒエイのイラストでした!


また名古屋ではアルペジオ展も開催されているので行ってきました。一日中アルペジオを満喫できました。


スポンサーサイト
プロフィール

べたー

Author:べたー
ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではネタバレの内容を含む場合がございます。
あらかじめご了承ください。

日常のことなどは
twitter:@better121
にてつぶやいています。

過去の丸戸作品を少しずつプレイ中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。