スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県民()の戯言~清水エスパルス降格に際して~


前回アルペジオの記事では多数の閲覧ありがとうございました。今までの最大アクセス数を大きく更新しててビビりました。
映画公開当日に記事を書いたのが要因なんでしょうね(^^;;
Cadenzaは他の方の感想を見たくなる作品でしたね。

話はかわりまして、先日、清水エスパルスのJ2降格が決定してしまいました。
今は名古屋に住んでいますが、2年前までは静岡に住んでいて籍も静岡にある私。一言でいって残念です。
今シーズンはそんなにエスパルスの試合を見れてはいないのですが思ったことをつらつらと書いていきます。


残留する気あったんですか、フロントさん

エスパルスは今オフでピーター・ウタカとミッチェル・デュークの二人を補強しました。今オフでの補強はこの二人だけといって良く(レンタルバック組が多かったため)、特にウタカはナイジェリア代表歴もある選手です(昔ウイイレでマルティンス使いたいがためにナイジェリア選ぶと居た記憶ある)。
この二人は単純に移籍したノバコヴィッチ(現名古屋)、高木俊幸(現浦和)の穴埋めですよね。

つまり、実質的な補強はなし!

去年ギリギリで残留したチームなのにこの補強とは…
フロントがJ2に落ちるわけないとたかをくぐっていたんでしょうね。一度もJ2に落ちてないという驕りでしょうね。
焦って8月の移籍期限間近に鄭大世と角田誠を補強しましたが時すでに遅し。


色の見えない監督交代

2014年途中でゴトビ監督が解任され、大榎監督が就任しました。(ベテランを排除したゴトビ監督いろいろといいたいことが…)
基本的には継続路線で人とボールが動くパスサッカーをしたい。ただサイドだけでなく中央からも崩せるようにしたい。
これが大榎監督の方針であり理想だったのですが、現実はそんなに甘くなかった。
なんせ優秀なパスの出し手がいないんだもの。サイドなら個の力でも崩せるけど中央なんて崩せるわけがない。
2015年ではさらに高木の移籍により片翼を失いました。

正直、今シーズンの試合は何がしたいのかが全く見えてきませんでした。まあ、昨オフの時点で今シーズンキャプテンの本田拓也にこのチームはどこに向かっているのか?とフロントに尋ねるほどでしたから、当然といえば当然なのかもしれませんが。

今シーズン途中で大榎監督に代わり田坂監督が就任しましたが、結局チームとしての方向性が見えませんでした。


再出発

J2に落ちてしまった清水エスパルス。J2から抜け出すことは容易ではありません。同じ静岡のクラブで強豪と言われたジュビロ磐田が1年で上がってこれなかったことから見ても明らかです。というかこの状況のままでは無理でしょう。
サッカー王国というなけなしのプライドは捨て、明確なチームの方向性を表し行動するところから始めて欲しいです。

以上、戯言でした。

スポンサーサイト

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-ARS NOVA-Cadenza 感想


10月3日から公開になりました「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-ARS NOVA-Cadenza」の名古屋での舞台挨拶に行ってきました。

まずは映画の感想から。
今回の作品は言ってみれば劇場版の後半に当たる作品で前編とは違い全編オリジナルの内容でした。

テレビ版でもそうでしたが、この劇場版でも兵器であり命令(アドミラリティコード)を遂行するだけの存在であった彼女たちが自分の中にある自我に戸惑い、苦心する姿が描かれていました。

しかも、今回は命令を出す側であった総指揮艦のヤマトとムサシにスポットが当てられていました。
ショウゾウという変化を受け入れたものの、人間たちの裏切りを目の前で見せられて、特にムサシは心を閉ざしてしまいました。本来の艦の生き方ならばこんな苦しみを味わうことはないですからね。

それでもショウゾウの虚像を精製していたところを見ると一度芽生えてしまった自我は完全には消せなかったのでしょう。そういう心を開いていないシーンはムサシの目が閉じられていましたよね。周りの景色に惑わされないように。

この綴じられたムサシの心をこじ開けるには一番近いところにいた「シマイ」であるヤマト、つまりそのバックアップであるイオナにしかできなかったわけで。


イオナがヤマトになる、自分が自分でなくなるというのは怖いことですよね。大好きな人たちを忘れてしまうかもしれないから。コンゴウが言った「心の中で生きる」。私たちは覚えているよ、という明確な意思表示で、イオナも少しは安心できたのかなと。

永遠と思った日々も今は…



さてさて、ここからは名古屋での舞台挨拶について。名古屋には沼倉愛美さん、藤田咲さん、福原綾香さん、佐藤聡美さんが登壇されました。
ぬーさんはトライデントの衣装に身を包み、タカオモデルのメガネをお掛けになってました。藤田さん、福原さん、佐藤さんはそれぞれキャラをモチーフにした服装をしてらしてましたね。

まず、みんなどこから来たのー?というおなじみの質問。名古屋の人が半分もいないというのが驚きでした。北海道から来た人もいたそうな…これはチケット入手厳しいわけだわ(笑)

トライデントは不仲でない!不仲営業だ!というぬーさんの弁明や台本が二冊に分けられて分厚かったというぼやき、なぜミョウコウとナチのコンビが最強だったのにナチとアシガラを組ませてしまったのか?(子守り説が濃厚)など様々なトークを聴くことができました。

全員で「霧の風紀は地球の風紀」と生徒会の終わりの挨拶もやれて楽しかったです。
キャストの皆様、名古屋に足を運んでいただきありがとうございました!

入場者特典はコンゴウとヒエイのイラストでした!


また名古屋ではアルペジオ展も開催されているので行ってきました。一日中アルペジオを満喫できました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。