スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poppin'Party 武道館ライブ感想

ありがとう!!!!!!!!!



BanG Dream! 4th LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館

には今までのPoppin'Partyの全てが余すことなく詰め込まれていました!



始まりの曲は「ときめきエキスペリエンス!」。
アニメのOPの曲にもなったように最近の彼女たちを象徴するような曲からのスタートでした。

そこからの
ポピパカップリング曲メドレー!
「夏空 SUN! SUN! SEVEN!」

「HEADS UP! CLAP YOUR HANDS! NANANANANANANA!」!

「ぽっぴん’しゃっふる」

ポッピン!ホッピン!

「1000回潤んだ空」は
だんだんと盛り上がってくる感じがよかったですね。

どれもメドレー仕様のショートバージョンでしたが、フルで聞けないのがもったいない!
という気持ちと
おお!こんなに曲を飛ばして何をしてくれるんだろう!
という両方の気持ちが混ざり合ってました。



いい意味で期待を裏切ってくれました。



アニメ時系列を再現してくれました。



具体的には。。。



きらきら星!!!!!!!!


やりやがりました。
各方面でも話題を呼んだ(マイルドな言い方)
アニメ3話のきらきら星を再現したのです!

最初は香澄一人で
次に有咲がカスタネットを持って引き込まれ
りみりんが勇気を出してステージに飛び込み
最後に~はじまりのステージVer.~になる

まさかアニメの流れがそのまま見れるなんて!

そして次は、くらイブ!

私の心はチョココロネフルで!演奏してくれました!

アニメのライブに参加したおばあちゃんの気持ちがわかりました(笑)
チョココロネステップもかわいかったです。
フルの音源も首を長くして待っております。


そしてこの流れの最後はもちろん
STAR BEAT!~ホシノコドウ~ 

ポピパの代表曲に、新しく沙綾が加わった物語がアニメで追加されました!
新しい価値を持ったこの曲、ホシノコドウが聞こえた気がしました。

こういう試みはアニメを見ていた人間には嬉しいですね。


ここで出演者が捌けてVTR
大橋さん(以下へごちん)と大塚さん(以下さえチ)が
ガチでガルパに挑戦していました。

さえチは前回のイベント曲、「夏のドーン」をフルコンボ、
へごちんは「ティアドロップス」のプレイ最中に
残り電池残量が20%になりました
でミス。電池残量には気をつけましょう(あるある)

最後に二人で協力ライブ、「光るなら」を選択。。。。


選択した瞬間、リアルステージで
「光るなら」が演奏され始めました。

毎度おなじみのカバーコーナーですが、光るならは楽しい曲ですね。


そこからのキャラソンメドレー
おたえの花園電気ギター!!!
りみりんのチョコレイトの低音レシピ
沙綾の遠い音楽~ハートビート~
有咲のす、好きなんかじゃない!
香澄のどきどきSING OUT!

をそれぞれショートバージョンで披露。
キャラソンは初披露でした。

次も恒例アコースティックコーナー
1曲目は「走り始めたばかりのキミに」
この曲はメンバーごとの歌い分けがある曲なので、アコースティックにすることで
よりはっきりと一人ひとりの声を感じることができました。
歌詞自体も沁みてくるなので、もう…という感じでした。

2曲目は「Yes! BanG_Dream!」
ポピパのファーストシングルはアコースティックで登場。
いつもの打ち抜くポーズもしっかりとやっていましたよ。

ポッピンラジオの出張版が間に入り、ここで、謎に包まれていた新シングルの3曲目、
「Time Lapse」(タイムラプス)
を初披露!!

演奏前にコールの練習、
オーオーオオ、オーオーオオ、オーオーオオーオオオ(伝わらない)
これを拳を掲げながらやってくださいとのこと。

演奏を聞くとこれまでポピパにはなかった
シャウトの似合う曲になっていました。
練習したコールがピッタリとはまり、
何度もライブで演奏するであろうし
何度でもライブで聞きたい曲に仕上がっていました。

しっかり聞き込んで臨める次のライブが今から楽しみになります(笑)

ここからラスト2曲、まずは、
「前へススメ!」

聞きたかった聞けて良かった。
アニメで香澄が声を失い、そして、取り戻した曲。
香澄一人ではなく、5人が集まってこその『Poppin'Party』。
それを再認識できる曲ですよね。
沙綾の「過去のすべてにとらわれた日々 一人悩むのはやめよう」
有咲の「やっと見つけた大切なもの 今日も会えるかな」

アニメを見ているとグッときてしまうのがこのあたりの歌詞です。
家族や前のバンドのことを一人抱え込んでいた沙綾
ずっとひとりぼっちで過ごしてきた有咲

このバンドを組んだから私は変われたんだと歌っています。
それをメッセージとして届けています。

「右見て 前見て 左見て 目と目を合わせ確かめた
”わたしは一人じゃない”こと」

彼女たちが一歩ずつ前に進んだ結果が、このライブにつながっているんだと思います。


ラストは「夢見るSunflower」

アニメでは危機を乗り越えた先のライブで披露していたこの曲。
初期のころの曲とは違った「楽しい」が聞こえてくる気がしました。



アンコールが始まってすぐに
りみりんのバンドリ聖地巡礼のVTRが流れました。
お茶の水や早稲田、花園神社など
ゆかりの地を巡っていました。


アンコール1曲目は、先日のOVA劇中歌「八月のif」
劇中と同じようにドラムは無しの打ち込みで
香澄と沙綾のダブルボーカルでした。

ハモリが気持ちいいの何のって。
夏が終わり始めた今の時期にぴったりの曲ですね。


ラストの前に演者さんから一言ずつ挨拶が。
細かくは覚えていなく、ニュアンスが変わってしまうのが怖いので僕の感想を書くと、
ガールズバンドとしてはメジャーデビューしてから史上最速で武道館にたどり着いた彼女たちですが、
彼女たちには他のアニメ作品内ユニットとは違い、長い下積み期間があったこと。
少しだけ噂には聞いていましたが、これほどきちんとした「下積み」だったことは
最近聞き始めたばかりの僕は知らないことでした。
今回は4thライブでしたが、4thライブはこれで2度目、
メジャーデビュー以前にも行ったことがあると話していました。

彼女たちの心からの涙を見て、このバンドを少しでも支えたい。そう思いました。
ひょんなことから知った彼女たち、今バンドリがこんなにも人気なのは、
彼女たちが一つ一つ積み上げてきたからです。
その積み上げてきたもの、今ある「おいしい部分」を勝手に食べる新参ではなく、
一緒に支える仲間になりたいと思いました。



最後の曲は「キラキラだとか夢だとか~Sing Girls~」

この曲を最後に持ってくるあたり、アニメが彼女たちの境遇を大きく変えたことがわかります。
僕も我を忘れてひたすらこの曲を楽しみました。



これにてライブは終了。

『Poppin'Party』の今日までを知れたライブ、
明日からもずっと彼女たちと歩んでいきたい、そう感じました。

^AAB65A9CF17C68FE23F009257B4B07A252767364E899AD4EF8^pimgpsh_fullsize_distr


今回はライブビューイングでの参加でしたが、次回のワンマンこそは生で見ます!絶対!
スポンサーサイト

【武道館直前】Poppin'Party って何?【特集その①】


今年初めての更新になります。あけましておめでとうございます。遅すぎる。

さてさてまずはこの動画を見てください。




私は今、このバンド

『Poppin'Party』

というバンドにドハマりしています。今日はその魅力を少しだけでもお伝えできたらと思います。



Poppin'Partyってどんなバンド?


Poppin'Party(ポッピンパーティー)は次世代ガールズバンドプロジェクト『バンドリ!』から生まれたバンドです。
このプロジェクトの売りは「キャラクターとリアルライブがリンクする」点です。

上の動画は「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」という曲のリアルライブの様子なんですが、




こちらの動画はアニメPVなのです。

こんな感じでアニメで声を当てている方が楽器を演奏し、楽器を演奏している方がアニメに声を当てています。

これってすごくないですか…?

出演者の方の経歴を調べてみたのですが、このプロジェクトで初声優の方もいれば、初めて楽器を触った方もいました。

他の音楽系アニメのライブイベントだと弾くふりをしていることはあれ、
演者さんが楽器を弾いてバンドを組んでフルライブをするなんて作品を僕は他に知りません。

1曲だけでなくセットリストでライブをこなす彼女たちの練習量と本気さは本物です。


曲のクオリティが高い!

それだけでなく曲自体のクオリティも相当高いです。
紹介した「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」をはじめ、楽曲は水樹奈々さんなどの楽曲を提供している

Elements Gardenさん

が手掛けています。

Poppin'Partyは現在6枚のシングルをリリースしていますが、捨て曲が全くないです。
どのシングルから聴いてもいいです。


ライブパフォーマンスも楽しい!

ライブパフォーマンスもしっかりしてるんです。

「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」のカップリング曲「夏空 SUN! SUN! SEVEN!」
ではコールやクラップがあって観客と一体となって楽しめ、

「1000回潤んだ空」などのゆったりとした曲も歌え、

何より演奏している演者さんが心底楽しそうに演奏しているのがいいのです。
見てるだけでこちらまで楽しくなってしまいます。


8月21日に武道館ライブ!


そんな彼女たちですが、なんともう間近に迫った8月21日に日本武道館でワンマンライブを行います!

武道館でワンマン…?どんなビックアーティストやねん、チケット埋まるんかいな平日だし。

なんて思ってたら先行抽選の段階で完売!一般でも買えるやろと思ってた自分を殴りたい。



ですが。。。


全国の映画館でライブビューイングあります!

ほんとありがてえ…僕は当日名古屋で参加しますよ!

会場にもよりますがまだ席があるみたいなので興味持たれた方はぜひ行ってみてください!
一応、ライブビューイングのリンク置いときますね。

Poppin'Partyライブビューイング

ますます成長を続けるPoppin'Partyから目を離せないべたーでした。

[冬コミ宣伝]『雪の軌跡』を冬コミ3日目に委託販売します!


突然の更新は宣伝でございます。
3月のAQUAPARTYで頒布した『雪の軌跡』
来たる2016年12月31日の冬コミ3日目、

東ハ-06b「marmalade factory」様

にて委託頒布させていただきます。


本の詳細についてはAQUAPARTYの時の記事(http://better121.blog.fc2.com/blog-date-201603.html
をチェックしてください!千晶をメインにしたWHITEALBUMシリーズの小説本になってます。

当日は僕もブースにいると思うのでどうかどうかよろしくお願いいたします。







……1日目は戦争ですね(白目)

Trident THE LAST LIVE Thank you for your “BLUE” 感じたことをひたすら書いてく


終わってから2日経ち、徐々にTridentロスになってきたべたーです。

イベントの詳細は他の人が書いているし俺も書く気もなくて、、
彼女たちのライブに初めて触れた感想をひたすら書いていきます。

ライブで聞くとより実感したことがあって、まずは歌詞とアルペジオと彼女たちTridentのリンクのしかた。
メロディラインが好きで今まで曲を聴いてきた僕なのですが、Tridentの3人が丁寧に歌い上げることによって、
アルペジオの作中の場面を思い出すということがライブ中に何度も起こりました。
彼女たちが歌詞を大切にしているのが伝わってきて、ただでさえ好きな曲への愛情が2段3段深まった気がしました。

2つ目、Tridentの3人のキャラクターたちへの愛。
渕上さんの「私はイオナじゃないからイオナの気持ちで書けないけど書いてみたらイオナの気持ちになってた」
沼倉さんや山村さんの「2人だけのステージ」
ソロコーナーで言っていたこと。キャラクターと声優さん自身という線引きってとても難しいような気がしますが、
彼女たちは渕上舞、沼倉愛美、山村響という自分自身でこのライブに向かってきた感じを受けました。
それでも、キャラクターへの愛を忘れずに、というかキャラクターへの愛を隠すつもりもなく全面にさらけ出していました。
そのことを拒まずに受け入れたスタッフも勇気のある決断をしたと思いますし、それをスタッフや観客に認めさせるようなパフォーマンスをした彼女たちの努力が伝わってきました。

3つ目、Blue Steelsの存在。
Tridentの曲の間から出てきたBlue Steelsの曲には魂を揺さぶられました。
最初の映像で引き立て役だとか散々いじられてましたが、
そのパフォーマンスと会場の雰囲気はそれはそれはすごいことになっていて。
エガオマニア、いい曲ですね。
Get up! Start up! Look up! ぐんぐんぐんぐぞう!
この大合唱よ。
聞かせる曲が多いTridentのライブの中でBlue Steelsはいい清涼剤になっていたと思います(汗でびっしょびしょだけど)

最後、バラバラなのに一つなTrident。
これが初めて彼女たちのライブに行って一番驚いたんですが、3人ともバラッバラなんですね。
考えてることも違えばそれぞれが醸し出している雰囲気だって違う。
よく「一緒に活動してるから似てきちゃった」なんて聞きますがそんなことは全くなくて本当にバラバラで。
だけどその個性が絶妙にマッチしているのがTridentなんですね。

お互いに対する信頼感というのも見えて
MCのときに言っていた言葉も
最後の3人で集まって頭をくっつけあいながら浮かべていた涙も
嘘じゃないって、
本心なんだってわかりました。

興津さんのブログに載っていた写真を見て改めて思いましたが、
ステージのTridentの3人がほんとにいい表情をしていて、彼女たちが輝いていて
泣きそうになりました。

渕上さんが言っていた「Tridentの解散には反対だった。だって解散しちゃったら私の居場所がなくなっちゃうから」という言葉。
それでも、ちゃんと考えて終わりを選んだ彼女たちの決断をファンも理解して、「解散しないでー!」という怒号ではなくて、拍手と「ありがとう!」という言葉に会場が包まれていました。
「ちゃんと終わりを迎えられる幸せ」。ゴールが見えていたからこそ、こんな素晴らしいライブになったのかなって思います。


ありがとう、Trident。
俺はあなたたちの最後の雄姿をずっとずっと覚えていきます。

あとがきのあとがき~AQUAPARTYありがとうございました!~


遅くなりましたが、『AQUAPARTY』で『雪の軌跡』をお買い上げいただいた皆様、
ありがとうございました!
いくつか感想もいただきまして、勇気を出して本を出してよかったな、
なんて今更ながらに思っております。

イベント自体も非常に楽しくて、サークル参加者なのにアフターイベントの
ジャンケンに参加しちゃったりしちゃいました(笑)アタリマセンダシタケドネ…
表紙絵のポスターをこのイベントで送らせていただきました。もらった方は大切にしてくださいね…?

fc2blog_20160405171641c8d.jpg
↑うちのサークルの様子。お酒は差し入れでいただきました。
飲みやすくて美味しかったです。ありがとうございます。



表紙も当日まで出さないようにしていたのですが、いかがだったでしょうか?
千晶千晶って宣伝していたので驚かれた方もいるのではないでしょうか?
綺麗な表紙絵ですよね……この表紙の理由は読んでいただけたらわかると思います(笑)


内容についてもちょっとだけお話。あとがきに書ききれなかった分。
千晶というキャラクターについて。
この千晶という人物はWA2に登場する人物の中でも特に
プレイヤーの受け取り方で評価が変わるキャラクターだと個人的には思っています。
だから今回僕が描かせていただいた千晶と
皆様が思い描いている千晶という人物にもきっと大きな隔たりがあることでしょう。

でもだからこそ僕は千晶を描いてみたかったんです。
僕の中の千晶はこれなんだと、表現してみたかったんです。

この千晶が合っているか間違っているかなんて、気にしてません。
いや、きっと間違ってます。
それでもWA2で一番衝撃的だった彼女の物語を紡いでみたかったのです。

この本はずいぶん最初の物語のほうに寄ってしまいましたが、ずっと千晶を描くことを念頭に置いて書きました。


……なんかまとまりがなくてごめんなさい。
これであとがきのあとがきはとりあえずおしまいです。

ちなみに今回本を買いに来れなかったけど興味があるよーってかた、
まだ少しだけ在庫がありますので、どこかのイベントに持っていく予定です。
決まりましたら告知しますのでお手に取っていただけたら嬉しいです。

















(二日酔いで参加してすいませんでした…)
プロフィール

べたー

Author:べたー
ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではネタバレの内容を含む場合がございます。
あらかじめご了承ください。

日常のことなどは
twitter:@better121
にてつぶやいています。

過去の丸戸作品を少しずつプレイ中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。